ローズパール
      

ギャラリー
 

真珠のお勉強
       

三重ブランド
      
 
 
一言に真珠と申しましてもさまざまな種類がございます。貝の種類や育つ環境などによっても、
その種類は多種にわたります。ここでは少し真珠についてのお勉強。
アコヤ真珠 ・ご存じ、アコヤ貝から取れる真珠です。実際に海から採れたばかりの珠は、ひとつとして同じ色がないほど千差万別で、大きく分けて「ピンク系」「シルバー系」「クリーム系」「ゴールド系」「グリーン系」「ブルー系」「ブラック系」の7つに区分しています。

南洋真珠 ・シロチョウ貝という貝から採れる真珠で、おもにオーストラリアや東南アジアで採れます。アコヤ貝に比べて大玉で、貝の種類により「ゴールド」「シルバー」の二種類があります。ゴールドは真珠層が厚く品質が劣化しにくい為、夏の焼けた肌にぴったりです。

黒蝶真珠

 

・インド洋と太平洋の赤道付近に多く分布する、クロチョウ貝から採れる真珠で、アコヤ貝のブラック系とは違い、本当のブラック「黒真珠」です。1978年、ニューヨークのオークションで、1本のネックレスに1億円という途方もない値段がつき、その存在が世界的に有名になりました。

淡水真珠

 

・その名の通り、湖や沼などの淡水で作られた真珠です。核を挿入しない「無核真珠」が多く、それらは素晴らしい色沢で、ペルシャ湾の天然真珠に色・型ともによく似ています。最近では、宝石店のウィンドウでよく見かけるようになりました。

・無傷であることに越したことはありませんが、小さなエクボのような凹(くぼみ)や一点キズは、ほとんど問題ないでしょう。
・輪の場合、表面の肌がきめ細かで、良い光沢を持ち、上から眺めるとほんのりと輪のような光芒を画いているものがいい真珠で、中がすけて見えるような薄っぺらい真珠は避けましょう。
・見た感じが重々しいものが、真珠層の巻きが厚く、何年たっても品質が変わらないものなので、このような真珠を選びましょう。
・ブルー系の真珠は、有機性の色素で出来ているため、加工するときに孔をあけると、長年のうちに自然に漂白されて、色が薄くなったり、妙な色合いに変化してしまうので、慎重に選んでください。
・乾燥しすぎることを嫌いますから、折にふれご使用下さい。ただし、つけたままお風呂に入ったり、台所仕事や洗濯をすると、漂白剤の影響で白っぽく変色しますから、注意してください。また、ネックレスの糸は、出来れば5年に1度お取り替え下さい。
・汗、化粧品、汚れ、ほこりなどは柔らかい布でそっと拭いて、 硬いものにあたることのない様おしまい下さい。なお、おしまいいただく際には、ナフタリンは入れないでください。スプレーなども直接かからないようにご注意下さい。
・真珠は、コンクリートの床に落とした程度では、割れたりキズが付くことはあまりありませんが、もし小さなすりキズがついてしまったら、オリーブオイルを付けた布で磨いてみてください。それでもダメなら、専門店で相談しましょう。